前へ
次へ

原因が分からない腰痛とは

事務職等で座った状態が続く仕事や農業等のしゃがんだ姿勢を続ける仕事等をしている方は腰痛の悩みを抱えるケースがあります。原因が特定されれば症状を改善する為に治療を開始する事ができますが、明確な原因を特定できない非特異的腰痛の場合は、症状を改善する方法を見つけるのが難しい傾向にあります。腰自体に不具合がある場合やストレスが原因で脳機能が不具合を起こして、腰に痛みが発しているケースも存在します。座った状態が長くて腰自体に不具合がある場合は、立つ動作を積極的に取り入れて、腰回りをストレッチする事で問題が解決されるケースもあります。ストレスが原因の場合は、ストレスを解消しなければ、中々問題を解決する事が難しいですから、各自でオリジナルのストレス解消方法を用意する事が必要です。腰痛には明らかな腰の病気から、ストレス等が原因で痛みを感じるパターンまで、幅広い原因が考えられるので、病院で検査をした方が安心です。

Page Top