前へ
次へ

腰痛の原因は血管の病気と関係している

腰痛になる人は、何らかの原因が必ずありますが、その原因を追究していくと、どうやら血管の病気とも関係があるようです。結果の病気とは、食べ物に原因があるといってもよいでしょう。妥当と人間は、食べ物をあまり食べないように身体がつくられています。人間の歴史の中で飽食時代とよばれているのは最近の70年程度だけで、それ以外の数万年はあまり食べるものがありませんでした。そのため、たくさん食べることに対してはなれておらずそれが血管の破壊につながるといってもよいでしょう。とくに植物性や動物性の油は身体にとって悪いだけでなく血管に悪影響を及ぼしてしまいます。これを毎日繰り返すことで、血液の流れが悪くなり体に痛みが生じる仕組みです。では、どのようにしたら解決できるかといえば、食べ物を減らせば簡単に解決をすることが可能になります。今まで 1日3回の食事をしていたならば、1日2食の食事にすればすぐに解決するわけではないものの、時間の経過とともに血管の状態が良くなるだけでなく腰痛もなおるでしょう。

Page Top