前へ
次へ

腰痛の原因とはどのようなものか

大人になると腰痛になる人が増えますが、実は明確な原因が分かっていないことがほとんどです。一般的には、何らかの理由で腰に負担がかかることで腰痛になることが分かっているわけです。しかし直接的な原因が分からないことから、対策が難しいとも言えます。な直接的な原因が分からないかといえば、人間が体動かす時、必ず腰を動かすことになるからです。歩く時も座るときも腰に負担がかかります。また走る時も同様に腰に負担がかかるわけです。そうだとすれば、いったいどのタイミングで痛くなったのかわからないことも多いはずです。ただ中には、重たいものを持ち上げた瞬間から痛みが生じたというのであれば、それは神経に大きな負担がかかっている可能性があります。この場合でもヘルニアとは違いますので、数日もすれば治る可能性が高いです。多くの場合原因がわかりにくいのは、慢性的な動きによるものだからといえます。例えば猫背の人が歩いている場合は、顔が体よりも前に来ているのが特徴です。顔が体よりも前に来ると、いつの間にか背中側の筋肉が伸びるようになり逆にお腹側の筋肉が縮むことになるでしょう。必ずおなかの筋肉と背中の筋肉あるいは腰の筋肉は反対の動きをする関係になります。背中の筋肉張るようになるとおなかの筋肉が縮むわけです。このように考えれば、腰痛の原因の一つとされているのが筋肉の張りすぎにある事が分かるでしょう。つまり前のめりになった状態が長時間続けば、当然ながら腰の筋肉も延びます。筋肉は伸びているときは筋肉に負担がかかっていますので、これを慢性的に繰り返せば痛みが出ると考えられるわけです。猫背の場合でなくても、最近はパソコンなどをしている人が多く、前のめりになってパソコンを盛り込むことがあるでしょう。このような場合も、やはり背中の筋肉が伸びていることから、腰を痛める可能性が高くなります。普段から椅子に坐る姿勢などに注意を払っておけば、痛みが少しずつ減っていく可能性があります。

世界的に認められている施術が受けられる接骨院
オリキュロセラピーやトルクリリースができる岡崎市唯一の接骨院として有名です。

できるだけ歯を残す歯並び治療を
患者様にできるだけ負担の少ない矯正治療をご提供しています

しっかり噛めるようになりました
その声が聞きたくて、名古屋ルミナス歯科・矯正歯科は丁寧なインプラント治療を行っています

オンライン授業でリアルと同等の授業が受けられます
疑問点をすぐに解消でき、個人の学力に合わせたアドバイスも受けることができますので、ぜひ受けてみてください。

Page Top